お金の話

キャッシュバック賃貸とは?評判や仕組み、デメリットも解説します!

キャッシュバック賃貸 HP

 

こんにちは、シロです。

 

現役で不動産の賃貸仲介営業をしながらブログ執筆をしています。

→何故ブログを始めようと思ったかはこちら 【不動産営業の本音】ブログ執筆で暴露します。

 

賃貸の引越しってお金がかかって大変。。。

少しでも初期費用を減らしたい。

簡単な方法がいいな~

 

お客さん
お客さん
そんなことできるの?

初期費用の交渉する自信あんまりないよ?

 

これができるんです!しかもめちゃくちゃ簡単に。

 

それは「キャッシュバック賃貸」を使うこと。

 

シロ
これ、9割以上の方が知らないと思いますね。

 

うちの会社も掲載してますが使ってる方少ないので、なんで使わないんだろ。。。って思ってます。

 

無料なのに本当にもったいないんですよね。

 

なぜなら「メリットしかない」からです。

 

「キャッシュバック賃貸」を経由して物件を問合せ

・物件を契約するだけ

・申請して5,000円~10,000円のキャッシュバック(祝い金)

・しかも「必ず」もらうことができる

 

さらにすごいのが、問い合わせた物件以外の成約でもキャッシュバックがもらえるんです!

 

シロ
不動産屋独自の特典も併用できたりとか、他にもたくさんメリットがありますよ。

 

お客さん
でもなにか裏があるんじゃないの?

家賃や礼金に上乗せされるとか?

微妙な物件しかないんじゃない?

手続きが面倒なの?

 

こんな心配もあるかと思います。

 

結論からいうとすべて大丈夫なんですが、そうは言っても心配ですよね?

 

この記事ではそんな心配事をすべて解決できる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。(ちょっと長いです。)

 

「キャッシュバック賃貸」で物件を探す(無料)

 

 

1.キャッシュバック賃貸とは?

キャッシュバック賃貸とはの説明

 

「キャッシュバック賃貸」とはスーモ、ホームズなどと同じ物件情報サイトです。

 

キャッシュバック賃貸を経由して物件を問合せ、契約することによって祝い金が5,000円~最大10万円もらえます。

 

運営元は株式会社キャリアインデックスで上場もしているIT関係の会社ですね。
→キャリアインデックスHP

 

物件の掲載数はスーモ、ホームズにも引けを取らない全国約285万件(2022年3月時点)です。

 

下記画像のサイトからも2次掲載を行っているので掲載物件数は膨大ですね。

キャッシュバック賃貸 2次掲載サイト

 

キャッシュバック賃貸の仕組み

 

下記画像がキャッシュバック賃貸の簡単な仕組みです。

 

キャッシュバック賃貸 仕組み

 

キャッシュバック賃貸の仕組み

  • 「キャッシュバック賃貸」を経由して問合せ
  • 問合せ先の不動産屋で物件を契約
  • キャッシュバック賃貸が不動産会社から広告費を受け取る
  • 広告費の一部をお客さんに還元

 

シロ
よくあるポイントサイトなどと似たような仕組みですね。

 

そして祝い金を出してライバルであるスーモ、ホームズよりサイト経由の問合せを増やしたいというわけです。

 

キャッシュバック賃貸を使った問合せが増えれば、その分多く不動産会社から広告費をもらえますからね。

 

ちなみにスーモ、ホームズはテレビCMなど宣伝費にかなりお金をかけて認知されています。

 

なのでキャッシュバックしなくてもサイトを使ってくれるというわけです。

 

あと当然ですが、不動産会社が広告費を払っているので家賃、礼金、仲介手数料などに上乗せはありませんよ。

 

シロ
もし上乗せが心配なら他サイトでも物件を見てみるといいですよ!

条件は同じはずです。

 

 

2.キャッシュバック賃貸のメリット、デメリット

 

メリット① キャッシュバックが「必ず」もらえる

キャッシュバック賃貸 対象者全員

キャッシュバック賃貸は物件の問合せをして契約するだけで5,000円~10,000円が「必ず」もらえます。

 

この「必ず」というのがすごいんですよ。

 

この手のパターンで多いのが、抽選とか残念賞で100円とかですよね。

 

シロ
確かにキャッシュバックの条件はありますが、わりと緩いです。

 

条件については後ほど解説しますね!

 

メリット② 問合せた不動産屋で別の物件を契約してもOK

キャッシュバック賃貸 どうすれば祝い金がもらえるか

 

キャッシュバック賃貸は問合せた物件「以外」の契約でも祝い金の対象になります。(問合せた物件以外のキャッシュバックは一律5,000円)

 

  • 問合せした物件が他で決まってしまった。
  • 他物件を提案されて、そっちの方が気に入った。

 

こんなパターンでもキャッシュバックの可能性が消えません。

 

ポイント

つまり契約する物件はどこでもいいので、問合せた不動産屋で決めたらOKなんですよ。

 

シロ
ここがキャッシュバック賃貸の強いところです。

 

さらにどこの不動産屋でも取り扱える物件はほぼ同じなので、以下のようなこともできちゃいます。

 

  • キャッシュバック賃貸のサイトから不動産屋Aに問合せ
  • スーモで見た不動産屋Bの物件の方がいいな~ってなる
  • 不動産屋Aにスーモで見た不動産屋Bの物件も紹介してもらう
  • 不動産屋Aで不動産屋Bの物件を契約
  • キャッシュバック5,000円をゲット!

 

キャッシュバック賃貸 スーモで見てキャッシュバック賃貸で問合せした不動産屋にスーモ掲載の他社物件を紹介してもらう。

 

キャッシュバック賃貸 スーモで見てキャッシュバック賃貸で問合せした不動産屋にスーモ掲載の他社物件を紹介してもらう。

詳しくは下記の記事もどうぞ。

【重要】賃貸仲介の仕組み│知らないと大損してしまうかも...

 

メリット③ キャッシュバックの条件がかなり緩い

キャッシュバック賃貸 受け取りの流れ

キャッシュバックの条件

  • キャッシュバック賃貸を経由して問合せ
  • 問合せた不動産屋で契約
  • キャッシュバック申請(問合せから60日以内)
  • 契約書の画像添付
  • 契約者と問合せた名前が同一人物

 

これがキャッシュバックの基本的な条件です。

 

どれも簡単にクリアできそうな条件ですよね。

 

ちなみに他のキャッシュバック系サイトでは下記の制限があります。

DOOR賃貸

  • 問合せた物件のみキャッシュバックの対象
  • 指定銀行あり
  • 利用必須サービスあり

スモッカ(賃貸EX)

  • 問合せた物件のみキャッシュバックの対象
  • 指定銀行あり
  • 問合せから4日以内に事前申請が必要
  • 半年後にキャンペーン応募
  • 契約書、住民票、身分証、駅周辺写真、スポット写真が必要
  • アンケート(約2500文字)が必要

 

上記2サイトで「問合せた物件のみ対象」というのが、わりと難易度が高いです。

 

なぜなら大手のスーモには物件掲載数で圧倒的に劣るから。

 

シロ
不動産屋としても閲覧率が高いスーモに力を入れるんですよね。

 

ポイント

その点、キャッシュバック賃貸「問合せた物件以外の契約」でもキャッシュバックの対象になるので強いです。

 

では次でキャッシュバック賃貸のデメリットを解説していきます。

 

デメリット① 物件掲載数が多くはない

 

やはり不動産屋は閲覧率、問合せ率の高いスーモに力を入れて掲載している場合が多いです。

 

グーグルで賃貸ワード(東京、賃貸など)を検索したとき、スーモが一番上に挙がって来やすいですからね。

 

ちなみにどれぐらい違うかというと、

 

スーモ 掲載物件数

キャッシュバック賃貸 掲載物件数

 

シロ
圧倒的に違いますよね。

 

でも「メリット②」で説明した通り、ネット掲載物件はどこの不動産屋もほぼ全て取り扱えるのでデメリットとしては弱いです。

 

ポイント

もしスーモ等で気に入った物件を見つけたらキャッシュバック賃貸で問合せた不動産屋」に紹介してもらいましょう。

 

また良ければ下記の記事も参考にどうぞ。
【重要】賃貸仲介の仕組み│知らないと大損してしまうかも...

 

デメリット② 来店する不動産屋を選べない

 

お客さん
どこの不動産屋も扱える物件が同じなら近いとこがいい!

 

こんな風に考える方が多いと思います。

 

ただ最寄りの不動産屋が、そもそもキャッシュバック賃貸に物件を掲載していない場合もあるんですよね。

 

そんなときは少し離れた不動産屋に行くほかないです。

 

シロ
ただキャッシュバック賃貸はスーモの二次掲載もしているので、上記のパターンはあんまりないかと思います。

 

今どきスーモを使っていない不動産屋も結構珍しいので。

 

デメリット③ 10万円は期待できない

キャッシュバック賃貸 10万円の記載

 

キャッシュバック賃貸のHPに「最大10万円」と記載がありますが、これは期待しない方がいいと思います。

 

一応、全国の物件を都道府県別で「祝い金」が高い順で見てみましたが「10万円キャッシュバック」物件は見つけられませんでした。

 

シロ
見逃していたらすみません。3時間ぐらいかかったんですけどね。。。

 

他のキャッシュバック系サイトでもそうですが、高額すぎるキャッシュバックは難易度が高いです。

 

「抽選」とか「えげつない手続き量」とかね。。。

 

抽選とか本当に当たるんですかね?あれ。

 

賃貸の初期費用がうん十万だったりで5,000円~10,000円が少なく感じるかもですが、冷静に考えたら無視できない金額ですよね。

 

例えば逆に、5,000円~10,000円を「捨てる」って考えたら「ぐぬぬ。。。」ってなりません?

 

シロ
個人的には抽選の10万より、「必ず」もらえるキャッシュバック賃貸をおすすめします。

 

「キャッシュバック賃貸」で物件を探す(無料)

 

 

3.「失敗しない」物件の問合せ方法

 

失敗しない物件の問合せ方法も紹介しておきますね。

 

①気に入った物件または不動産屋を見つける

 

キャッシュバック賃貸 で気に入った物件を見つける

キャッシュバック賃貸 で気に入った物件を見つける

 

まずはキャッシュバック賃貸にアクセスして、気に入った物件(気に入った不動産屋でもOK)を見つけます。

 

不動産屋を気に入って問合せする場合は、物件はどれでも大丈夫です。(問合せた物件以外のキャッシュバックは一律5,000円になります。)

 

理由はどの不動産屋でも紹介できる物件はほぼ同じだから。

 

キャッシュバック賃貸で問合せした不動産屋で、スーモ等で見つけた物件を紹介してもらうのも可能ですよ。

 

②情報を入力

 

次に物件写真の下にある「お問い合わせ無料」をタップ

 

キャッシュバック賃貸  お問合せ無料をタップして問合せ

 

そうしたらあなたの情報を入力する画面に移動するので、

入力項目

  • 希望(物件を実際に見たいなど選択)
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
以上を入力します。

 

キャッシュバック賃貸 (修正)自分の情報を入力

 

ちなみに「電話番号」は絶対に入力した方がいいですよ!

 

なぜならメールだけだと不動産屋からの返信が迷惑メールフォルダに入ったり、サーバーでブロックされる場合があるから。

 

せっかく問合せをしたのに返事がもらえないと、キャッシュバックの機会も逃してしまいますからね。。。

 

困ったお客さん
お客さん
いっぱい電話かかってきたりしないかな。。。

 

こんな心配もあるかと思います。

 

でも、そもそも鬼電してくる不動産屋はやめた方がいいですよ。

 

ポイント

良い不動産屋を見極めるテストにもなるので、電話番号の記載はおすすめです。

 

もし電話がしつこい場合は着信拒否すればOK。

 

シロ
また地味にショートメッセージでのやり取りも、どんな話をしていたか履歴も見やすく使い勝手がいいですよ!

 

③類似物件の問合せ

 

ここまで入力したら、最後に「次へ」をタップ。

 

キャッシュバック賃貸 「次へ」をタップ

 

画面が移動して「似た物件」も一緒に問合せできるようになっています。

 

キャッシュバック賃貸 類似物件の問合せもできます。

 

個人的にはこれはスルーでいいかと。

理由は下記の2つです。

スルーの理由

  • そもそも似ていない(場所、家賃、間取り等がバラバラ)
  • 似た物件は来店した不動産屋に紹介してもらえるから

 

もしネット上で「これも内見したいな~」という物件があったらスクショして、来店した不動産屋に紹介してもらいましょう。

 

④お問合せ完了

 

最後に「送信する」をタップして問合せ完了です。

 

キャッシュバック賃貸 最後に送信ボタンをタップ

 

ちなみに問合せをすると自動的に会員登録(無料)も完了します。

 

キャッシュバック賃貸 問合せ完了 会員登録も完了

 

会員登録はあとでキャッシュバックを申請するときに必要なので、退会は祝い金をゲットしたあとにしましょう。

 

シロ
会員登録したからといって迷惑メールなど、特にデメリットはないので安心してください。

 

同じページに「引越し一括見積もり」もありますが、これはあまりオススメしません。

 

キャッシュバック賃貸 同じページの引越し一括見積もりはおすすめしない。

 

「引越し一括見積もり」こそ鬼電がかかってくるので安易に申込みはしない方がいいです。

 

もし引越し一括見積もりを使う場合はスーモ、ホームズのサイトがおすすめ。

 

よろしければ下記の記事を参考にしてください。

【メールのみで見積もり可能】SUUMO引越し見積もりの使い方
LIFULL引越しは赤帽の見積もりも取れる!料金、運賃早見表もご紹介

 

問合せが完了したら不動産屋から1日程度で返信があるので、来店して気に入った物件を契約してください。

 

「契約の流れ」カテゴリも参考にしてもらえたら幸いです。

 

「キャッシュバック賃貸」で物件を探す(無料)

 

シロ
物件契約後はキャッシュバックの申請ですね!

 

次でキャッシュバック申請の簡単な流れを解説していきます。

 

4.キャッシュバックの申請手順

 

キャッシュバック申請の手続きは簡単です。

キャッシュバック申請手順

  • マイページにログイン
  • 「キャッシュバック」のタブをタップ
  • 契約した物件名、不動産屋、担当者を確認、入力
  • 契約書の画像を添付

たったこれだけです。

めんどくさいアンケート、多数の必要書類はありません。

 

 

step
1
マイページにログイン

 

キャッシュバック賃貸 右上のメニューボタンをタップ

 

まずはキャッシュバック賃貸のサイトにアクセス。

 

キャッシュバック賃貸 ログインボタンをタップ

 

キャッシュバック賃貸 メールアドレス、パスワードを入力

 

右上の「メニュー」からメールアドレス、パスワードを入力してマイページにログインします。

 

step
2
キャッシュバックのタブをタップ

 

キャッシュバック賃貸 「キャッシュバック」タブをタップ

 

「キャッシュバック」のタブをタップして、「この不動産会社(店舗)で契約」に進みます。

 

キャッシュバック賃貸 「この不動産会社で契約」をタップ

 

step
3
契約した物件名、不動産屋、担当者を確認、入力

 

問合わせた物件で契約したなら「この物件で契約」をタップして次に進みます。

 

紹介された別の物件で契約したなら「契約した物件名」を入力して次に進みます。

 

キャッシュバック賃貸 「この物件で契約」をタップ。または契約した物件名を入力して進む

 

申請時の入力項目

  • 契約した不動産会社(店舗)
  • 入居が決まった物件
  • ご契約者名

上記を確認して間違いがあれば修正、または戻ってやり直してください。

 

キャッシュバック賃貸 契約した不動産屋、契約者、契約物件に間違いがないか確認

 

step
4
契約書の画像を添付

 

確認して間違いがなければ、「契約書の画像」を添付していきます。

 

キャッシュバック賃貸 契約書の画像添付

 

添付する画像は契約書に記載の、下記4点を撮影したものになります。

添付する画像

  • 不動産会社(店舗)名(代表印含む)
  • 契約物件名、部屋番号
  • 契約者名
  • 契約日

一般的な契約書であれば上記は必ず記載がありますのでご安心ください。

 

重要事項説明書、請求書の画像はNGです。

 

最後に「担当者名」を記入して、確認事項にチェックを入れます。

 

キャッシュバック賃貸 担当者名を入力して確認事項をチェック(修正)

 

全て入力し終えると「賃貸借契約書を画像送付する」ボタンが押せるようになるので、タップしてキャッシュバック申請完了です。

 

キャッシュバック賃貸 「賃貸借契約書を画像送付する」ボタンをタップ

 

キャッシュバック申請完了後は内容の審査が始まります。

 

  • キャッシュバック申請内容の審査は5日~30日程度
  • 審査承認メールが到着後、60日以内に振込用の口座番号を入力
  • 口座番号入力から40日~70日程度でキャッシュバック

申請後、キャッシュバック受け取りまでの流れはこんな感じ。

 

キャッシュバック賃貸 キャッシュバック申請の内容審査が始まる。審査は最短でも46日かかる。

 

シロ
キャッシュバック受け取りまで、最短でも46日程度はかかるので忘れないようにしましょう。

 

どこも同じですが、キャッシュバック受け取りまで時間がかかるのが少し難点ですね。

 

キャッシュバック賃貸の場合は「審査承認メール到着後の口座入力」だけ忘れなければいいので、まだマシな方です。

 

審査承認後にメールで教えてくれるので、こちらが覚えておく必要はあんまりないですからね。

 

では、次でキャッシュバック賃貸の注意点について解説していきます。

 

5.注意点

 

キャッシュバック賃貸「問合せ~祝い金受け取り」までの注意点を解説します。

 

重要なところを紹介するので、しっかりチェックしてくださいね!

 

問合せ時に電話番号は入力した方がいい

 

「失敗しない物件の問合せ方法」(情報を入力)でも解説しましたが、物件の問合せ時に「電話番号」は入力した方がいいです。

 

問合せたのはいいけど、メールアドレスだけだと返事が来ない場合があるからですね。

 

シロ
ただ、不動産屋から電話がかかってきたら出なくてもいいです。

 

あくまで電話番号はメールで上手く問合せできていない場合の保険ですからね。

 

もちろん電話に出てもいいですし、タイミングをみて折り返しても構いませんよ。

 

電話に出なければメールまたはSMSで連絡がきます。

 

不動産屋から電話があった後、メールやSMSが来ない場合は何らかの通信トラブルです。

 

シロ
不動産屋から電話があるということは、こちらの問合せには気づいているということですからね。

 

この場合はこちらから電話してみましょう。

 

これでキャッシュバック申請の「問合せから60日以内」無駄にせずにお部屋探しができます。

 

電話の問合せはNG

 

キャッシュバック賃貸 ヘルプ 電話問合せNG

 

問合せたという証拠が残らないため。

 

Webで問合せたあとにこちらからかける電話、または不動産屋からかかってくる電話は大丈夫です。

 

問合せた方と契約者は同一でないといけない

 

キャッシュバック賃貸 ヘルプ 問い合わせた方と契約者は同一でないといけない

 

問合せ時の氏名は物件の契約者(名義人)と同じでないとキャッシュバック対象外になります。

 

なので、契約する人(名義人)と実際に住む人(入居者)が違う場合でも「契約する人」(名義人)の名前で問合せしましょう。

 

シロ
ただこれは後で、修正もできるので安心してください。

 

キャッシュバック金額は問合せときの金額が適用される

 

キャッシュバック賃貸 変更があっても問合せ時のキャッシュバック金額が適用される

 

キャッシュバック金額は問合せ後、時間が経つとたまに変更されることがあります。

 

でも問合せたときの履歴がしっかり残っているので、問合せたときに表示されていた金額が適用されます。

 

キャッシュバックの適用は問合せから60日以内に申請しないとNG

 

キャッシュバック賃貸 キャッシュバック申請は問合せから60日以内

 

これは注意が必要です。

 

キャッシュバック申請の期限は契約からではなく「問合せから60日以内」になります。

 

物件の契約をしないと契約書がもらえないのでキャッシュバック申請ができません。

 

ということは問合せ後、ゆっくりしていて契約が遅れてしまうとキャッシュバック申請も遅れてしまいます。

 

最悪キャッシュバックを逃してしまう可能性があるということです。

 

お客さん
遅くてもどれぐらいで契約したらいいかな?

 

一般的には、物件の契約後(契約書の記入後)だいたい2~3週間後に借主控えの返送があります。

 

なので、遅くとも問合せから30日以内には契約(契約書の記入)は済ませたいところですね。

 

シロ
ただ物件を決めたからといって、すぐ契約できるわけではありません。

 

物件を決めて申込み後、最短でも契約まで1週間程度はかかります。

 

ということは問合せから2週間以内には物件を決めた方がいいということになりますね。

 

問合せからのタイムスケジュール

  • 問合せから2週間ぐらいで物件を申込み
  • 1週間程度で契約手続きを完了(最短)
  • 2~3週間後に借主控えの契約書が到着
  • キャッシュバック申請(契約書の画像添付)

こんな感じの流れになるかと思います。

 

どのように契約が進むかについては「契約の流れ」カテゴリをご参照ください。

 

不動産屋からキャッシュバック賃貸についての説明はない

 

不動産屋からはキャッシュバックについての説明はありません。

 

なぜならキャッシュバック賃貸を運営している「キャリアインデックス」「不動産屋」別会社になるからです。

 

あくまでキャッシュバックは「キャリアインデックス」から進呈されるんですよ。

 

なので、不動産屋からキャッシュバックの説明がなくても焦らないでくださいね。

 

キャッシュバック申請時の振込口座は「契約者の口座」を入力

 

キャッシュバック賃貸 キャッシュバック申請入力時は契約者の名前と口座名義人は同じでないといけない

 

先ほど、問合せ時に入力する氏名「契約者(名義人)」の名前じゃないとキャッシュバック対象外と記載しました。

 

これはキャッシュバック申請の審査承認後に届くメールに入力する振込口座も同じです。

 

ポイント

つまり下記の3点は同一の名前でないといけません。

・「問合せた方の名前」
・「物件の契約者(名義人)」
・「キャッシュバック振込口座の名義人」

 

ここは間違いやすいところなので注意が必要です。

 

キャッシュバック申請後は内容を修正、再申請はできない

 

キャッシュバック賃貸 キャッシュバック申請後は修正、再申請は不可

 

物件契約後、一度キャッシュバック申請をすると申請内容を修正したり再申請はできなくなります。

 

なのでキャッシュバック申請時は内容に間違いがないか、しっかり確認しましょう。

 

せっかくキャッシュバック賃貸を使ったのに申請内容を間違えて、祝い金を受け取れないのはもったいないですからね。

 

6.キャッシュバック賃貸の口コミ、評判

 

SNS上で挙がっていた口コミを掲載していきますね。

口コミをまとめると下記になります。

 

良い口コミ

  • 家賃に関係なく5,000円~10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 内見後に候補が変わってもキャッシュバックがもらえる
  • キャッシュバック申請が簡単

 

悪い口コミ

  • キャッシュバック賃貸のサイトが使いにくい
  • 審査承認のレスポンスが悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

 

悪い口コミを探すのに苦労したので、わりとみなさん普通にキャッシュバックもらえてるのではと思いました。

 

もし他の声があったら教えてください。

 

「キャッシュバック賃貸」で物件を探す(無料)

 

 

7.キャッシュバック賃貸のよくある質問

 

みなさんが気になりやすそうな質問について記載しておきます。

 

キャッシュバック賃貸の利用は無料?

 

もちろん無料です。

不動産屋の広告費からキャッシュバックのお金は出ているので、お客さんには一切費用の負担はありませんよ。

 

キャッシュバックが大きい物件は問題がある?

 

不動産屋の広告費の問題なのであんまり関係ないです。

 

スーモ、ホームズの2次掲載ではなく、キャッシュバック賃貸に直接掲載している物件は中間業者が入りません。

 

なのでその分、広告費をお客さんに還元できる仕組みです。

 

シロ
不動産屋の目線で言うと、仲介手数料が無料の方がちょっと恐いですけどね。

 

キャッシュバックは初期費用に上乗せされたりしない?

 

上乗せはありません。

 

なぜならキャッシュバック賃貸と不動産屋は全くの別会社だからです。

 

もちろん契約内容もキャッシュバック賃貸を使っても、使わなくても変わりません。

 

もし心配なら初期費用の見積もり明細をもらってみてください。

 

キャッシュバック賃貸以外のポータルサイト(スーモ等)と契約条件は同じはずです。

 

不動産屋独自の値引きがなくなる?

 

これは場合によってはあります。

 

例えば、不動産屋のHP経由などの契約で割引がある場合等です。

 

つまり割引を受けるために「キャッシュバック賃貸以外のサイトを経由する必要がある」場合ということですね。

 

この場合はキャッシュバック賃貸を経由してしまうと、不動産屋のHPを経由できないので不動産屋独自の特典を受けれなくなってしまいます。

 

キャッシュバック賃貸 キャッシュバック賃貸と不動産屋独自特典のどちらかを選ばないといけない可能性ありの図解

 

シロ
でも特典を同時に受けれないとは限りません。

 

というのもキャッシュバック賃貸と不動産屋は別会社です。

 

なので2重で問合せてみて、担当営業に特典の話を切り出してみてください。

 

お客さんに来店してほしいので、不動産屋独自の特典を付けてもらえる可能性もあります。

 

ちなみにホームズの「住まい探し特典」は結構、同時にもらえたりしますよ。

 

「ホームズ経由で問合せ限定」というのがあんまりなくて、「特典画面の提示」のパターンが多いです。

 

キャッシュバック賃貸 ホームズの「住まい探し特典」(画面提示)の例

 

すべての特典をMAX受けれるかは微妙ですが、それでも言った方が割引が増えるかもしれませんからね。

 

契約書が遅れてキャッシュバック申請に間に合わない場合は?

 

これは正直どうしようもないです。。。

 

良くも悪くもキャッシュバック賃貸と不動産屋は別会社なんですよね。

 

不動産屋からしたらいつも通り仕事をするだけで、キャッシュバック申請を「強く」意識してくれたりはしないと思います。

 

こちらで出来ることと言えば、「問合せから早めに物件を決める」「契約書の返送を定期的に急かす」ぐらいになります。

 

 

8.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

結構長めの記事になってしまいすみません。

 

キャッシュバック賃貸についてまとめていきます。

 

キャッシュバック賃貸とは

スーモ、ホームズなどと同じ物件情報サイトです。

 

仕組みは?

問合せた不動産屋の広告費の一部をお客さんに還元している。

 

メリット

  • キャッシュバックが「必ず」もらえる
  • 問合せた不動産屋で別の物件を契約してもOK
  • キャッシュバックの条件がかなり緩い

 

デメリット

  • 物件掲載数が多くはない
  • 最寄りの不動産屋に来店できるとは限らない
  • 10万円は期待できない

 

物件の問合せ方法

  • 気に入った物件または不動産屋を見つける
  • 情報を入力
  • 類似物件の問合せ(スルーでOK)
  • お問合せ完了

 

キャッシュバックの申請手順

  • マイページにログイン
  • キャッシュバックのタブをタップ
  • 契約した物件名、不動産屋、担当者を確認、入力
  • 契約書の画像を添付

 

キャッシュバック申請後の流れ

  • キャッシュバック申請内容の審査は5日~30日程度
  • 審査承認メールが到着後、60日以内に振込用の口座番号を入力
  • 口座番号入力から40日~70日程度でキャッシュバック

 

注意する点

  • 問合せ時に電話番号は入力した方がいい
  • 電話の問合せはNG
  • 問合せた方と契約者は同一(名義だけ)でないといけない
  • キャッシュバック金額は問合せ時の金額が適用される
  • キャッシュバックの適用は問合せから60日以内に申請しないとNG
  • 不動産屋からキャッシュバック賃貸についての説明はない
  • キャッシュバック申請時の振込口座は「契約者の口座」を入力
  • キャッシュバック申請後は内容を修正、再申請はできない

 

良い口コミ、評判

  • 家賃に関係なく5,000円~10,000円のキャッシュバックがもらえる
  • 内見後に候補が変わってもキャッシュバックがもらえる
  • キャッシュバック申請が簡単

 

悪い口コミ、評判

  • キャッシュバック賃貸のサイトが使いにくい
  • 審査承認のレスポンスが悪い

 

よくある質問

  • キャッシュバック賃貸の利用は無料
  • キャッシュバックが大きい物件も問題なし
  • キャッシュバックは初期費用に上乗せなし
  • 不動産屋独自の値引きがなくなる可能性は少しあり
  • 契約書が遅れた場合はどうしようもない

 

以上です。

 

キャッシュバック賃貸がおすすめの人

  • 手堅くキャッシュバックをもらいたい方
  • 面倒な手続きが嫌いな方
  • 内見後に物件候補が変わる可能性がある方

 

「キャッシュバック賃貸」で物件を探す(無料)

 

 

キャッシュバック賃貸「問合せた不動産屋で契約すればOK」は本当に強いところです。

 

シロ
個人的な感想ですが、80%以上の方は問合せた物件以外で決めますからね。

 

まあ不動産屋に行く前は写真しか見れないので仕方ないです。

 

実際に内見したら、第一候補が微妙なんてよくある話ですよ。

 

不動産の場合、初期費用が高いので5,000円~10,000円のキャッシュバックは多く感じられないかもしれません。

 

でも冷静に考えたら大きいと思うんですよね。

 

しかもキャッシュバック条件もかなり緩いですし。

 

僕は手堅くギャンブルしない性分なのでキャッシュバック系サイトでは「キャッシュバック賃貸」をおすすめします。

 

あともし良かったら、「契約の流れ」「お金の話」の記事も読んでみてください。

 

現役の仲介営業シロが、契約時の注意点や交渉について記事を書いています。

 

ではでは~

 

 

-お金の話
-, ,

© 2022 シロの賃貸サプリ Powered by AFFINGER5